上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.14 全托班
5月14号(星期四)  曇2

     全託班

ちょっと暗くて、なんだかよく分からないけど…。。

時間がある日は、全托班のお手伝い。
全托班とは、幼稚園にお泊りするクラスのこと。
夕方になると、お泊りする子どもたちが一つの部屋に集まり、みんなでご飯を食べたり一緒に遊んだりする。

前に小・中・高で日本語教師をする同期からこんな話を聞いたことがある。
『ほとんどの子どもの親は中国の都市や韓国に出稼ぎに行っていて、年に1・2回しか会えない。子どもたちは寂しいんだ。』

ここ株洲市もそんな子どもは少なくはない。
幼稚園に泊まる子、おじいちゃんおばあちゃんと住んでいる子。


この日、年長さんのある一人の女の子は、お父さんから電話があり、電話片手に声を出して泣いていた。
そしてなかなか泣き止まないその姿を見た一人の男の子は『みんな家に帰ってないけど、みんな泣いてない!』と。




胸が苦しかった。



スポンサーサイト
2009.05.13 カエル王子♪
5月13号(星期三)  曇2

     カエル王子☆

小さいクラスの授業で、よくペープサートを使う。
大きいクラスではなかなか使うことはないので、私の配属クラス(年長さん)の子どもたちはどうもそれが気になるらしい。
毎日私の目を盗んでは、カエルなどのペープサートを持ち出し、うちわ代わりに扇いで涼んでいる。。

あまりにも子どもたちが気に入ってるので、今日はペープサートを作ることに。

みんな思い思いにウサギ、大きな木、カエル…と作っていく。
子どもたちの作品って、どうしてこんなにかわいいんだろう♪
子どもたちの作業中、あまりにも静かだったのでチョット不気味だった。
それだけ一生懸命だったってことだね。

ペープサートを作る前に、『出来たらお話を一つ作って先生に聞かせてね!』とお願いしていたが、やっぱりうちわ代わりに扇いで涼んでいる子どもたちでした…




5月12号(星期二)  曇2


     黙祷2

ちょうど一年前の今日、四川省でM8.0の大きな地震が起きた。
そっか、もう一年経つんだ。
省は違えど、自分も同じ中国に住むものとして他人事ではなかった。
協力隊として中国に来ているのに、何もできない自分が悔しくも思った。

あれから一年経ったが、いまだにたくさんの人が瓦礫の下に埋まっている。
いまだに残された人の心が、一年前で止まっている。

幼稚園でも、担任の先生から四川大地震の話があり、それからみんなで黙祷をした。
子どもたちは何を感じたのだろう。

一日でも早い復興を願い、そして残された人の心が少しでも癒されますように。。





5月11号(星期一)  おひさま

     腹出しおじさん

昨日から何だか蒸し暑い。
夜も寝苦しくて、なかなか眠れなかった。。

今朝バス乗り場に行ってみると、久しぶりに見た!
腹出しおじさん♪
とうとうこの季節がやってきたか。
ステキだね、このお腹☆

この後このおじちゃん、お腹を出したまま朝ごはんをたいらげ、お腹を出したまま私が乗るバスの運転をしてくれました。
いつもお世話になっております。

5月10号(星期天)  おひさま

     マンゴーマンゴー


株洲のお店のマンゴーは、どれも小ぶりでお手頃サイズ♪
バナナのように皮むいてパクッ☆

そういえば今日は母の日。何もしてあげれないけど…
お母さんありがとう。
中国にいながら、お母さんに迷惑ばかりかけてる娘ですみません。
いつまでも心配ばかりかけてる娘ですみません。
親孝行は帰国してからたっぷり。。えへっ
体に気をつけてね!


5月9号(星期六)  おひさま

     布団干し

今日は暑いくらいのいい天気♪
最近は毎週休みになると雨が続いていたので、久しぶりに布団を干す。
シーツも洗って、あぁ~すっきり☆





5月8号(星期五)  おひさま

     お当番さん

私の配属クラスでは、日本と同じように『お当番さん』活動を行っています。
毎日二人ずつ。
出席のときにお名前呼んだり、授業の準備や、食事の準備をしたりetc。
子どもたちは毎日うれしそうにお手伝いしてくれます。

写真は、顔を拭くタオルを洗っているところ。
ねっ、楽しそう♪

5月7号(星期四)  おひさま

     カエル

今日は中班(年中)の上課の日。
折り紙でカエルを作る。
何かを作るときの子どもの顔って、真剣そのもの!!
そして出来たときの子どもの顔は、スマイル100%♪
2009.05.05 剪发了!
5月5号(星期二)  おひさま

床屋さん

仕事帰り髪切っちゃいました。
どうしても我慢できなくなって…その衝動で。
髪をすいてもらうだけだから大丈夫だろうと思い、幼稚園近くのちっちゃい床屋さんに行くことに。

横にバッサバッサとハサミを入れられ、ゆっくり会話することもなく、ものの5分で終わりました。。
料金は3元(約45元)
私が髪を切る様子を見ていた同僚は、『私は絶対ここでは髪切らない…』って。

そういえば、日本は子どもの日だ。
中国の子どもの日は、6月1日です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。