上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月31日(木)  はれ夕方あめ

夜中に蚊がブンブン耳元で飛び回り、手足が蚊に刺され、痒くて気になってなかなか眠れなかった。
布団にもぐるも、暑くてもぐっていられないし…。
ぎゃ~!かゆい~!!



    敦煌 (50)

今日はタクシーをチャーターして観光することに。
まず午前中に莫高窟へと向かった。
莫高窟は鳴沙山東端の断壁に開削された大規模石窟で、砂漠の大画廊と賞されている。
まさにその通りで、砂漠を抜けると、そこには石窟が大きく広がっていた。
そこでは日本語が出来るガイドもいるので、さっそくお願いして莫高窟を見学する。

どこに行っても思うことだけど、学生時代勉強を真面目にやってなかった私は、本当に知らないことが多すぎる。
歴史なんて、全然分かんない。
おかげで、ガイドさんの話を聞いてても、いまいちピンとこないことが多いし、『すげー!でけー!』
なんて、小学生でも出来るコメントしか出来ない。
まぁ、それでも沢山の菩薩像をみて、心からスゲーと思った。


   敦煌 (83)

午後から、鳴沙山へ。
砂漠と青空がどこまでも広がり、砂漠が美しいと思える場所だ。
まさにシルクロード!
ついつい、『月の~砂漠を~は~る~ばると~♪』と口ずさみたくなる。
ここではらくだに乗って砂漠を登り、砂漠すべりをして楽しんだ。

このあと雨にやられ、周りがパニックになることもあったが、それも雨女の私にとっては予想範囲内のことである。
スポンサーサイト
7月30日(水)  くもり

           敦煌 (27)


ちょうどお昼頃、敦煌駅に到着。
敦煌は飛天の故郷らしく、お土産も飛天のものが多い。

旅の本に、敦煌市内に日本人が経営するカフェがあるとのことなので、昼食ついでに何か情報をもおうとそこに行くことにした。
しかし…
どう探しても日本人がやってそうな店が見つからない。
そうしてるうちに、一人の日本人男性に会った。
彼も同じ店を探しているとのこと。
なかなか見つからないので、店があるはずの場所で中国人に聞いてみたところ、5月頃もうすでに日本に帰ってしまったとか。
しかし、この後また日本人女性に会い、せっかくなのでみんなで食事することになった。

出会った男性は、8月1日の皆既日食を見に来たようだ。
私たちは中国にいながら、皆既日食のことなんでだ~れも知らなかった。
女性のほうも、旅の途中で会った日本人に聞いて、この後ハミに皆既日食を見に行くらしい。
残念ながら、敦煌では皆既日食の一番の目玉、『ダイアモンドリング』は見れないとのことだった。
私たちも見に行きたいところだが、予定上そこまで移動するのは大変なので諦めることにした。
その後も市内を一緒に散策し、一日目の敦煌を楽しんだ。

今回の敦煌での宿泊場所は、1ベッド一日30元の招待所。
まぁ、お世辞にもイイとは言えないが…安いからよし!


7月29日(火)  はれ

     銀川 (51)


寧夏回族自治区・銀川に到着。
今回の私たちの旅はここから始まる。

銀川に着いたとき、私たちは声を上げずにはいられなかった。
南に住む私たちにとって、どこまでも続く青空にどれだけ飢えていたのかを実感した。
(常に景色が白く霞んでる…)
とにかく青が空いっぱいに広がり、空気も爽やか。
ここに住む隊員が羨ましくて仕方ない。。


せっかく銀川に来たので、時間は短いが、西夏王陵を見に行くことにした。
ここは1038~1227年西夏時代の王の墓群。
ポコポコポコと突き出てるお山がお墓。

う~ん。
お山がいっぱいだ…。


でも、周りにゴビ砂漠が広がり、そこに広がる王墓群の景色はやっぱり広大で、言葉を失った。


2008.07.23 鳥の巣
オリンピックまで、あと約2週間。(8月8日がオリンピック開幕式)


夜、スタッフの方と隊員で食事に出かけ、その後オリンピック競技場の『鳥の巣』を見に行くことになった。どうやら、夜の間もライトアップされていて見れるとのこと。
初めて見る鳥の巣!

今週になって、オリンピックに向けての交通規制も色々と行われているようだ。
鳥の巣までの大きな道には、オリンピック関係者だけが通れるように、一車線を専用道路としていた。
一般市民からすると、沢山の規制ができてしまい、生活しにくい日々が続いているのだろうと思う。
タクシーのおっちゃんも、『こんなの作ったって意味が無い』と、ちょっとだけグチをこぼしていた。

そんなこんなで無事に到着。
鳥の巣の周りには、記念撮影をする人もいて賑やかだった。



そしてこれが夜の鳥の巣!ジャジャーン☆
BLOG2232.jpg
これが噂の鳥の巣か!と大興奮♪
ちなみに、隣の水泳競技場のほうは残念ながら真っ暗だった…。


鳥の巣の周りには、何人もの厳重な見張りもいた。
BLOG2233.jpg



『中国加油!(中国頑張れ!)』と叫ぶ、面白い自転車に乗ったおっちゃん。
BLOG2231.jpg
どうやら4月1日に雲南を出発し、この面白い自転車に乗って北京まで来たらしい。
すごい…。



それにしても、中国に住んでいるのに(それも今北京にいるのに…)、生のオリンピックが見れないのは、すごーーーーーーーーーーーく残念。。
今度は明るいときの鳥の巣でも見に行こっと。



2008.07.14 新隊員
6月23日から、20年度1次隊の新隊員が北京で現地訓練を行っていた。
そしてあっという間に3週間の訓練を終え、
今日、いよいよ各自の任地へと出発していった。

もう着いたかな~。

私の北京訓練中とは大違いで、みんな積極的。
明るくて、一人でもどんどん行動できちゃう人ばっかりだった。
でもそれでも、きっと色んな期待と不安を胸に抱えて、任地に出発していったんだと思う。

新隊員と生活して、私もいっぱい刺激をもらった。
負けてられないな~!
また半年後の隊員総会で会える日を楽しみに。



いってらっしゃ~い♪

2008.07.13 あれから
いちねん。

5年間働いた保育園を辞めて一年。
協力隊の訓練が始まって一年。
協力隊の仲間と出会って一年。
中国語を勉強して一年。

あれからもう一年経つんだ。



みんなどうしてるかな?



... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。